分子生物学的解析-PCR・次世代シーケンス-

次世代シーケンス解析では、およそ100塩基程度の配列情報を大量に取得し、ゲノム解析や遺伝子発現解析を行うことが可能です。RIBMのバイオアッセイでは、検体投与後の遺伝子発現変化を網羅的に解析することができます。解析対象は、従来のバイオアッセイで得られるサンプルや、検体投与後の動物の臓器などとなります。データ解析においては、顕著に発現が変動した遺伝子群がどのような機能をもつ傾向にあるかを解析したり、特定の機能を持つ遺伝子群をピックアップして解析することが可能です。

  • ※試験内容については、検出対象や目的によって試験ごとに最適化いたします。詳細な試験内容や価格、納期については、メールかお電話でお問い合わせください。bioassay@ribm.co.jp TEL 029-896-6500